LB Kayak Station  HOME→http://lbks.jp/

2013年4月30日火曜日

ピカリャ~☆with LBカヤック

Decchi Kn

LBカヤックの新しい仲間、
竹富町(西表島含む)のピカリャ~君。


ピカリャ~についてはこちらを。

竹富町の観光を盛り上げてくれる、
イリオモテヤマネコをモチーフにしたゆるキャラ。

我が竹富町は、島々合わせて総人口3.973名。

遊びに来てくれた皆さんが楽しんで、
少しでもピカリャーを応援してくれる人が
増えればと願っている。

G.Wの観光シーズンに間に合って良かった。

LB自慢の派手な車と、ピカリャ~と一緒に、
記念撮影なら、いつでもどうぞ。

Decchi Kn

2013年4月28日日曜日

春の汐(潮)

Decchi Kn

入るのが「潮」、でるのが「汐」。

この数日は、大きく汐がひいている。

星砂を売っている「おばあ」は、
海へ降りて、食材探しに出かけたくて
ウズウズしているらしい。

早く店を閉めたい!だそうな。

楽しみがあって元気なことが素晴らしい。

18:00、ツアーの片付けをしている頃、
まだまだひいた汐は戻らない。

陸と海の境に生きるマングローブ。


普段は海の中だが、陸上の生活はいかが?

根元のシオマネキは


嬉しそうだったが・・・。

干潟を歩くのは、やっぱり楽しい。

Decchi Kn

2013年4月25日木曜日

自然のチカラ

こんばんは。
Decchi msです。

今日の西表島。
朝から雷を伴う豪雨。

ツアーがはじまる前に雨は収まるものの
滝の水量は、いつもの倍?くらいに。

普段、ちょろちょろしか流れていない
小滝が、通常のピナイサーラ滝の様に
なり、遠目から見ると滝が3つ。

滝つぼは、まさにリアル台風中継状態・・・




自然のチカラをヒシヒシと感じる轟音と、
ずっと目を開けていられない程の滝しぶき。

そこにいるだけで西表島の自然の懐の深さ、西表島の
自然の偉大さを感じられるような瞬間。

Decchi ms


2013年4月21日日曜日

西表島の自然の中で・・・pineapple!!!

こんばんは。
Decchi msです。

今日の西表島は気圧のへりにあたり、
北風が吹く肌寒い気候。
内地でも気温が下がっているよう
ですね、暖かくなったり寒くなったり
体調に気をつけてくださいね。

昨日、msとknは石垣へ。
島の青年の結婚式に出席。

島人の結婚式の規模の大きさに
驚くと共にたくさんの幸せを感じる
素晴らしい式。
2人に対してたくさんの人の想いを
感じる空間でした。


話は、西表島に戻り・・・
無人売店では、ピーチパインが並び
はじめる。

リュウキュウアカショウビンが鳴き、
ピーチパインが並び始め、気温も
25℃以上の日が多くなり、やっと夏が
きた!という感じ。

今日は、肌寒かったのですが・・・




19日よりLBツアーでもピーチパインを
ツアー中にカット!




どこで切るかは、ガイド次第・・・

時には、碧い海を眺めながら砂浜で・・・

マングローブ林を漕ぐカヌーの上で・・・

豪快な滝を目の前にしながら・・・

その日、一番美味しく食べられるところで
ガイドがパイナップルをカット。

西表島の大自然の中で食べるパイナップルは
格別!

少しづつ夏らしいLBカヤックの西表島ツアーが
はじまっています。

Decchi ms

2013年4月17日水曜日

西表島カヌー組合救助訓練

Decchi Kn

西表島の有名スポット、ピナイサーラの滝。
滝つぼでの救助訓練に参加してきた。

午前中は、各業者が利用している
公道や駐車スペースを清掃。

午後から滝に上がり、救助訓練。
参加したガイドの数は総勢25名にも及ぶ。

新しいストレッチャーと、古い担架。
ひとつずつ、グループに分かれ、
滝つぼから安全な場所まで移動をさせる。



しかしこんな時に限って、夏日。
最高気温28.6℃のジャングル。

ジャングルの中の山道で、担架を担ぐ。
久しぶりに滝のような汗をかいた。

傷病者を安全な場所まで移動させるのは、
思った以上に疲れる。

砂袋を乗せた担架も運んで、
ストレッチャーに人を乗せて運んだ。

当たり前だが、砂よりも人のほうが
緊張感があって、真剣さが増す。

本番があってはいけないが、
その時のために、練習は必要だと感じた。

繰り返し何度も練習していることが
いざというときに自信につながる。

やっぱり何ごとも積み重ねが大事。。
もっとこういった機会も必要だと思った。

帰り道、気がつけばクサゼミの大合唱。



Decchi Kn

2013年4月16日火曜日

ロードキル

Decchi Kn

渡り鳥の季節。
南風がひと吹きすると、
暖かな南方より、
鳥たちが飛来する。

ここで羽を休めるのか、
ひと夏ここで過ごすのか。


どちらにしても、
長い距離を飛んできているので、
疲れて飛ぶことも
ままならない。

しかし、私たちは
そんな都合を露知らず。

いつもと同じように道路を
車で走りぬける。

疲れて飛べない鳥は、
逃げることができない。

ゆっくり走っていれば、
事故が起こることもない。

西表島に信号が無いからって、
自動車専用道路ではない。


ひとりひとりの心に優しさを。

Decchi Kn

2013年4月13日土曜日

朝6:45分ヨナグニさんの発音

こんばんは。
Decchi msです。

今日の西表島は、穏やかなくもり空。
午後からは、日射しが射し込むことも
あり、気持ちの良い気候。

今朝6:45分頃。

ツアーの準備をしようと、事務所にいると
外から新人ガイドのskが急いだ様子で
ドアを開け

「表にヨナグニさんがいますよ!!!!」

と言って、カメラを取りにきた。


事務所にいた、自分とnsは『?』な顔。
「与那国さん?」
そしてskはもう一度。

「ヨナグニさんがいます!」

とだけ言い残し、カメラを持って外へ走る。
nsは、まだ「?」
自分は「あ~あぁ」とうなずき理解。

カメラを持って出る。
現場へ行くとnsも「おぉ~すげぇ!」と一言。



あまりにも慌てて急いで「ヨナグニさんが
いる!」と言ってカメラを持って出たので、
有名人か誰かがいるのかと思った、と
ガイドns。

たしかに発音がね・・・

ヨナグニサン。日本最大の『蛾』だ。


言葉だけで表わすのは難しい。

skが発した発音としては、
与那国島を普通に言う時の
与那国さん。

蛾のヨナグニサンを下の矢印のように
表すと以下のような感じだと思う。
わかりにくいかもしれませんが・・・

ヨナグニサン
 ↑
  ↓
→  ↓→


・・・・こんな感じ。


まぁ、朝からあまりの慌てっぷりと
急ぎっぷりと、テンションMAXのskと
ヨナグニサン(笑)

Decchi ms


2013年4月10日水曜日

ブーゲンビリア

Decchi Kn

沖縄は、同じ日本でも
異国情緒ただよう南国。

庭先の花、ブーゲンビリア。


色づいた葉が可愛らしく、
西表島では良く見られる。

ブーゲンビリアが色づくと、
どうも嬉しい気持ちになる。

花が好きになったのは、
西表島で暮らすようになってから。

晴れていても、雨でも、
どんなときも花を見ると
心がほぐれる。

最近は雨が続いて、
咲いた花も落ちてしまっているが、
雨が降れば、また花も咲く。

この長雨も植物にとって
恵みの雨でありますように。

Decchib Kn

2013年4月7日日曜日

新生活

Decchi Kn

雨が多いのでジャングル...
雨は仕方ないか。

それでも少しの晴れ間があれば、
やらなければいけないこともある。

草刈りや清掃。


暖かくなれば、事務所の周りに
草がボーボー生えてくる。

ほって置けば、いずれジャングルに
とりこまれてしまうのではないか?

と、不安になるほど。

雨が上がり、晴れ間を見せれば、
その成長は著しい。

となれば、ハブも怖い。

強風の為、ツアーは中止となった午後。
スタッフ全員で事務所と宿舎まわりの
清掃をした。


ビーバー(草刈り機のこと)と言われても、
聞いたことない言葉なんだから
わからなくてもおかしくない。


新人スタッフの困惑ぶりも、
自分が島にきた当初を思えば、
懐かしくおかしい。

でも心配いらない、草刈り機なんて、
やがて使えるようになるさ。

こうやってひとつふたつ経験を増やして、
逞しくなるのだろうと思う。

便利さの中で生まれ育った現代人。
私も含めて...

生きてく知恵や勇気が足りない。
この島の生活では、それを学べる。

一人前を目指して、頑張ろう!

Decchi Kn


2013年4月4日木曜日

パイン棒

Decchi Kn

星砂海岸のおばぁから
パイン棒をもらった。


少し、空は曇っているが、
とってもおいしかった。

西表島の自然が育くんだ、
あま~いパイナップル。

おばぁとは何かと縁があり、
たくさんお世話になっている。

自然のことも島のことも
色んな話を聞かせてくれる。

西表島の夏の名物、
特産のパイナップル。

海から上がったあとは
なおさらだ。

Decchi Kn

2013年4月2日火曜日

ジャングル・ランチ

Decchi Kn

ツアーで食べる八重山そば。



アウトドアの遊びでは、
昼食を作るのも食べるのも野外。

極力、油をださないように、
自然に痕跡を残さないように。

特にジャングルの奥地で
食べるのは格別だったりする。

疲れた身体に出汁がしみる。

いつもより多く食べられるのは、
沖縄だから、野外だから。

食べ過ぎたくらいがちょうど良い。

みんなでわいあいあい。
食事はにぎやかなのがおいしい。

Decchi Kn