LB Kayak Station  HOME→http://lbks.jp/

2012年12月18日火曜日

真夜中の海

こんばんは。
Decchi msです。

今日の西表島は、お昼頃から北風と
共に小雨が降り出し、肌寒さを感じる
気候となっている。

重ね着で肌寒さをしのぐが、近所の
スーパーへ行くと、シューズよりも
サンダルにくつ下というスタイルが
多いと感じる。


先日の真夜中、新月の大潮の時に
ひとりで海へ。

もちろん真っ暗闇。

潮が引いた干潮時、マイナス潮位になる時には
リーフ内にたくさんのヘッドライトをつけた人達が
歩いている。
皆、潮が引いたリーフ内を歩き、「いざり漁」を
している人達。



が、自分が行った日は、日曜日の夜、3時頃が
干潮時刻。
干潮の時でもマイナス潮位だが、潮の引きも、
前日、前々日に比べると大きくはない為と日曜日
の深夜ということもあってか、人が一人もおらず・・・

さすがに真っ暗闇の海に一人は、ビビるなぁ
と思いながらもリーフの波打ち際まで行き
散策をはじめる。

いざり漁をやりに行った訳ではなく、海面から
現われるサンゴや生き物を観に行くのが目的。

散策していると、ふとっ思った。
島の人達は、いつ頃から深夜のいざり漁を
行っていたのだろうか・・・

電気や、今のようなライトが無い時代から
行っていたのだろうか。
そんな疑問が浮かぶ。
今度、どこかのおじぃかおばぁに聞いてみよう。



深夜の気温の低い冬の海。
クマノミもイソギンチャクの奥で就寝中?
じっとしている。

冬の真夜中の西表島。まだまだ興味深い。

Decchi ms

0 件のコメント:

コメントを投稿