LB Kayak Station  HOME→http://lbks.jp/

2012年9月4日火曜日

ウミショウブの雄花

こんばんは。
Decchi msです。

今日の西表島は、ジリジリと
肌を焼くような強い陽射しが
射し込む1日。

風も穏やかな天候。

一昨日、満月の大潮の時。
ナーラ川支流コースの帰り、
カヤックで帰路に何やらたくさん
水面に白いモノが浮いていた。

ものすごい数の白いかたまりが浮いている。

手ですくってみるが、手の平の隙間からスルッと抜ける。
何度かすくうと、手のひらについた。



夏の時期の大潮のときしか花を咲かせず、
干潮時刻に合わせて花を水面に漂わせる
ウミショウブの雄花。

花は、立ったまま浮遊している。
なんとも不思議な花だ。

雌花は、この干潮時刻の数時間だけ水面で開花をする。

潮が満ちてくると、たまたま雌花にひっかかった雄花を
包み込むように水面に沈んでいくそうだ。

潮が満ち始めていた為、雌花は確認できなかった。

夏の大潮のときだけ。というのが、不思議だ。

ウミショウブは、潮の満ち引きを感じているのだろうか、
月の引力か、どちらにしても、自分達の子孫を残す
為の自然の営み。

人間が感じていないモノを、自然の動植物達は
感じているのだろう。

Decchi ms

0 件のコメント:

コメントを投稿