LB Kayak Station  HOME→http://lbks.jp/

2012年7月31日火曜日

台風時の食材確保

こんばんは。
Decchi msです。

今日の西表島は、強風域に入り強い風が
吹いているものの青空や陽射しが射し込む
こともある蒸し暑い1日。

西表島にある2つの港、上原港・大原港共に朝から欠航。
海上は時化ている。

今日は、台風9号の影響によりツアーは中止。

ゆっくりと進んでいる台風は、明日・明後日が最接近。
徐々に風も強まっている。

島の航路は欠航。

島に出る手段もなければ、島に入ってくる人も
食材もない。

今日の夕方、スーパーへ行くと食材は・・・


ほとんど空っぽ状態。

島生活の台風の影響は、こんなところも
あらわれる。

島での台風対策は、かなり重要だ。

Decchi ms


2012年7月30日月曜日

台風9号(サオラー)

■Decchi Kn

西表島は午後、雷が一発ゴロゴロとなり、
ホワイトアウトするような一瞬のスコールが
台風の呼び水となった。

いきなりの上原港欠航の知らせ。

久しぶりの台風にてんやわんや。
なんとなく雰囲気を思い出してきた。

色々準備することがあるなぁ、と思いながらの
大原から車で1時間の帰り道。

風浪に波しぶきが舞い、海上を風と雨が走る。

青い空は、巨大な渦を巻き始めた、
厚い雲のはるか上空。


次にお目見えするのはいつになるだろうか。

■Decchi Kn

2012年7月29日日曜日

やってくる

こんばんは。
Decchi msです。

今日の西表島は晴れ時々雨。

この時期の天気は変わりやすい。
雨が降ったと思ったら、その数分後には
青い空が見え、強い陽射しが射し込む。

高い建物がほとんどない西表島では、遠くの空を
見ると大きな雨雲や積乱雲が見え、その下には
雨のカーテンが移動しているのが分かる。

夏特有の空模様。

夕方には、強い陽射しが射し込む。
本当に眩しい。

車のハイビームを常に向けられているような、そんな
強い陽射しが真正面から目に入ってくる。


強い陽射しを受けた積乱雲は光を浴び、陽が当たる
部分と陰の部分が分かり、雲の形が浮かび上がる。

日が沈んだ後の空と大きな積乱雲に当たる夕陽も美しい。



そんな真夏の西表島の空。

そして、


自然界に恵み?ダメージ?を与えるヤツが八重山地方に
近づいてきた。

人間にとっては、嫌なヤツ?恐いヤツのような気がするが、
自然界には、ほど良くなくてはいけないヤツのだろう。

台風9号。

とても強い勢力で、通過するので十分に注意が必要だ。

こちらに旅行を計画している方は、今後の状況に十分に
注意を払う必要があるだろう。

Decchi ms

2012年7月27日金曜日

虹の島

■Decchi Kn

最近は天気が不安定で、
ツアーが終わる頃に決まって雨。
ていうか夕立?スコール?

不安定な天気もカヤックを降り、陸に上がれば、
面白い気象現象を見せてくれる。

一定の高さから湧く入道雲。
その下では局地的な雨。

西日が射し込めば虹が生まれる。

それにしても低い場所に発生した。


雨と太陽の西表島。
言い換えれば、期間限定の虹の島。

■Decchi Kn

2012年7月25日水曜日

停電なんて、なんのその。

■Decchi Kn

久しぶりに事務所番となった。

身体を休めながら、精神リフレッシュ。
またこれから夏本番へ。

しっかりと気持ちの切り替えができた。

やることは尽きないが、
窓から見る天気の移り変わり。

空は真っ黒な雲に覆われて、
激しく雨が打ちつける。

やがて雷が鳴り、落ちた。
突然の停電もさほど気にはならない。

最近はすぐに復旧するようになったと
いうこともあるだろう。

家の中ではこんなに緊張しないものかと、
ある意味人間らしく思った。

風に吹かれて、雨に打たれて、
夏の太陽に照りつけられて。

それでなお、元気に息づく自然の強さを
屋の中でひしひしと感じた。


■Decchi Kn

2012年7月24日火曜日

夏休みに西表島

こんばんは。
Decchi msです。

今日の西表島、朝は雨が降る
事もあったが、日中は青空が
広がる強い陽射しの1日となった。

学校も夏休みに入り、ここ西表島の
ジャングルやマングローブ林、滝つぼでは
子供たちの声が響き渡っている。


小さい頃から西表島に遊びに来れるなんて羨ましい・・・

自分が小学生の時に西表島に来ていたら
どんな風に感じるんだろうか。

夏休みに西表島。

このフレーズも最高だなぁ。

この夏は日本全国から西表島で遊ぶ子供たちがやってくる。

Decchi ms

2012年7月23日月曜日

ミントの花

■Decchi Kn

西表島の庭先では良く見る「ミント」
暑さゆえ、その香りが好まれるのだろう。

先日、石垣島で購入した我が家のミントは
枯れてしまったが、放置?された庭先のミントは
太陽の下で元気に花を咲かせている。

ミントの中でも強いアップルミント(?)


気になりだしてみると、かなり色々な場所で
栽培されている。

この季節、西表島はとにかく暑い。

葉っぱを一枚、手でもんで、香りをかげば、
それだけで気分がスッキリとする。

もちろん庭先からはみ出した
所有者のないミントを拝借して...

■Decchi Kn

2012年7月21日土曜日

日頃の行い

■Decchi Kn

天気ばかりは、いたしかたないというが。。

いくら経験を重ねても、鍛錬を繰り返しても
天気だけは良くすることはできない。

しかし、その日の天気を楽しめるかどうかは
ガイドにかかっている。

晴れの日があり、雨の日がある。
向かい風が吹くので、帰りは追い風となる。

天気が良いときも悪いときも
誰よりもその時の天気をいちばん楽しむ。

しかし...

肝心なところでは、青空が見られるのは、
ガイドの「日頃の行い」だろう(笑


■Decchi Kn

2012年7月20日金曜日

陽射しのち天然シャワー

こんばんは。
Decchi msです。

今日も西表島は、青空が広がり
ジリジリと強い陽射しが射し込む。


そして夏の熱帯特有の大きな入道雲が現れ、一瞬の雨を降らす。

遠くの山から霧のような白いカーテンが段々と向かってくるのが分かる。

霧のように見えるのは、雨のカーテン。

そして耳を澄ますと、マングローブやジャングルの
木々の、葉、川の水面に落ちる雨音が少しづつ近づいてくる。

暑い陽射しを受けた身体には、丁度良いクールダウン。

そして、雨が通り過ぎたのち、強い陽射し。

西表島の夏の空は、いそがしくて楽しい。

Decchi ms

2012年7月19日木曜日

盛夏、夕立

■Decchi Kn

暑さもそろそろピークを迎える。

日当ではうだるような暑さに、
立っているだけで汗がしたたり落ちる。

人間ってこんなに汗をかくんだ。
と、ひとり感心。

この頃、夕方になり暑さもひと段落すると、
山の向こうから入道雲がモクモクと湧く。

太陽の熱で蒸発、拡散していた水蒸気が、
その力が弱まると、凝結して雨となる。


夕立スコールは人間にとっても自然の恵み。
強烈な西日を冷まし、汗を流してくれる。

自然豊かな西表島での生活、
必要なものはちゃんと自然の中にある。

本当の贅沢は、自然が与えてくれる。

■Decchi Kn

2012年7月14日土曜日

身近な自然

■Decchi Kn

圧倒的な自然を誇る西表島。
その雄大な景色は旅人を魅了してやまない。

しかし、本当はもっと身近に感じられる自然に、
みんな驚いている。

空が真っ赤に染まるサンセットや
満天の星空を流れる天の川。

部屋で鳴くヤモリ、灯りに群がる...

もちろん集落を飛び出し、
自然へ旅にでれば、もっともっと近づく。


数十メートル続く砂浜、波打ち際1mに無数のヒトデ。
普段はこの場所で見たことがないので驚いた。

少し手を伸ばせば、足を運べば、
思わぬところで、思わぬ生き物に遭遇。
西表島では嬉しいサプライズがある。

島で遊ぶ楽しみは本当に尽きない。

■Decchi Kn

2012年7月13日金曜日

何を想う

こんばんは。
Decchi msです。

今日の西表島は、南寄りの風を
やや強めに感じる1日。

雲は多かったが、時よりのぞく
陽射しが相変わらず強い。

夏のシーズンになり、全国各地から
さまざまな方達が、さまざまな思いで
西表島に訪れている。

一度、西表島を訪れてみたかったから・・・
カヌー、カヤックを西表島でやってみた
かったから・・・etc....

そして西表島で遊び、
みな、何を感じ、何を思うのか。


感じるものは人それぞれだと思う。
しかし、魅力を感じ、改めてこの島に
上陸する方は多い。

感じ方、感じるモノはそれぞれだが、
本能的に何か心の奥底で感じさせるモノが
この西表島にはあるのだろう。

Decchi ms

2012年7月12日木曜日

ジャングル

■Decchi Kn

西表島に遊びにくる人は
雄大な自然を見てジャングルだ!
と言うが、

いったいジャングルってなに?
って言われると、言葉がにごってしまう。

西表島は亜熱帯の島、
亜熱帯の森なのでジャングル。

答えになっているようないないような...

ジャングルとは熱帯雨林(熱帯多雨林)

西表島の年間降水量は、2342.6mm
多雨林となる。

西表島の気候は、亜熱帯海洋性気候と
位置される。

温帯か熱帯かといわれると熱帯

つまり西表島の森林は、
亜熱帯の多雨林=ジャングルで間違いない。

と、知識も必要だが、
雰囲気ジャングルなのだから、
この島に来て、見て感じて、
遊んだ人が判断すればいい。


って、キノボリトカゲが言っている。

■Decchi Kn

2012年7月9日月曜日

夏の心地良さ

こんばんは。
Decchi msです。

今日の西表島は、午前中は雲が
多い気候。時より陽射しが覗く程度で
カヤックを漕ぐにはちょうど良い気候。

午後からは、青空が広がり、ジリジリと
強い陽射しが射し込んだ。

午後3時以降の陽射しに注意だ。
とっても焼ける。


西表島は、完全に『夏』の気候。

西表島に降り注ぐ強い陽射しは、
西表島の自然の景色をより一層、引き
立たせている。

海に行けば、澄んだブルーが広がり。



ジャングルの沢に入れば、眩い木漏れ日が
水面を照らし、日常では感じられない
不思議な空間が生まれる。



毎日、異なる景色だが、いつも素敵な空間を演出
してくれる自然。

風、太陽、鳥の囀り、風で木々が揺れる音。

二度と同じ時はない、自然の中のその一瞬。

西表島の『夏』

その一瞬をより一層、強く感じられる季節。

自然に心を解き放ったあとは、
カヤックに乗りながら心地よい風と静かな
マングローブ林が待っている。


カヤックの上での心地良さでウトウトと
昼寝をしたくなるようなプチ睡魔が訪れる。

この心地良さに勝つのは難しい。

Decchi ms

2012年7月6日金曜日

紺碧の空

■Decchi Kn

空が青いだけで嬉しい日が続いている。

季節的に一般的に地上100kmで区切られる
地球と宇宙の境目が狭くなったのではないだろうか?
と、感じるほどの碧さ

海抜0mから空を見上げる空。


真っ青な空と海の狭間にカヤックで浮かんで、
海の上にいながら空を近く感じる。

この沖縄らしい空の碧さ、
いったいどこまで深く深く澄んでいくのか?

季節が巡って、夏色の空が変わるまで、
加速度を上げていく暑さでさえも乗りきり
「夏」を満喫しよう。

■Decchi Kn

2012年7月5日木曜日

賢明に生きるオオタニワタリ

こんばんは。
Decchi mh です。

ジャングルの中でも居酒屋でも出会える植物。

オオタニワタリ


西表島は植物が密に生えている。

その中で木や岩に着生し育っている。

オオタニワタリは葉を伸ばし広げ、
枯葉をキャッチし集め、栄養を取っている。

賢い! なんと動かずして食事にありつける。

そして

キャッチした枯葉が腐葉土となりシダ植物の根床となる。

いつもなにげなく見ていたオオタニワタリ、
毎回、同じ場所のオオタニワタリを見ていたら
シダがどんどん生えて行くのがわかるかもしれない。

植物の見かたがかわって面白い。
庭先に生えてる人は夏休みの自由研究にもなるかも。

楽しみですねー。
Decchi mh




2012年7月4日水曜日

太陽と雨と虹

こんばんは。
Decchi msです。

今日の西表島。朝、夕にパラパラと
雨が降る天気。
降ってはやみ、太陽が照りつける。
1年で一番、熱く感じるであろう強い
日射しが毎日、射しこんでいる。


この時期の外で浴びる雨は、ツアーに
出ているとちょっとした天然のシャワーの
様な感覚だ。

汗や潮風で身体についた潮を流してくれる。

ただ、日焼け止めも流してしまうため、
ツアー参加者にはこまめな日焼け止めの
声がけが必要となる。

『雨』と『強い日射し』。

この2つがタイミングよく朝、夕の太陽が低い
時間にコラボレートすると現れるもの。

『虹』

本日、朝8:20頃、ツアー参加者を迎える途中に
上原山にかかる大きなくっきりとした虹。
久しぶりに綺麗に色が分かれるくっきりとした
虹を見た。

写真におさめたかったが、運転中の為、
写真を撮れず・・・・

そしてツアー終了後の夕方。
ツアー片づけをしていると事務所向かいの
山の上に大きな虹がかかっていた。


モクモクとした入道雲が見られるこの季節。
西表島で朝、夕に雨が降ったら空を要チェック。

ちょっと得した気分を得られるかもしれない。

Decchi ms

2012年7月2日月曜日

さわらぬ●にタタリなし

※ハブ(蛇)の画像がありますので、
苦手な方はご注意下さい。

■Decchi Kn

夏!といった空気がいい。
この空の青さはいつまで続くかわからないが、
自然が生命をキラキラと輝かせている。

西表島のジャングルでも、
生き物が活発に動き始めている。

ミニチュア恐竜のキノボリトカゲや
セマルハコガメがゆっくりと歩いている。

ガイド中にあいたくない生き物No.1は「ハブ」


ハブという爬虫類は好きだが、不安要素がある...
つまり一番怖いのは「人」。

サキシマハブはおとなしい生き物で
理由もなく攻撃をするのは人間だけ。
野生に反撃を食らうのは当たり前。

ジャングルは彼らのテリトリーで、
私たちがお邪魔させてもらっている。

自然の中ではどんな生き物に対しても
敬意を払って対応したいものだ。

珍しい生き物が近くにいるので興奮するが、
触らぬハブにタタリなし。

そっと遠くからその美しい姿を見るだけにしよう。

■Decchi Kn