LB Kayak Station  HOME→http://lbks.jp/

2012年1月22日日曜日

冬のビーチクリーン

こんばんは。
Decchi msです。

今日の西表島は、気温が15℃まで
下がり島に住む者にとっては、かなり
寒さを感じる気候となっている。

こんな日は、南の島でも鍋。
意外と西表島のスーパーなどに行くと
鍋の味付けの素が売っていたりする。

今日のLBの夕飯は、トマト風味の鍋らしい、
ただ今ガイドknが準備中・・・


今日は、冷たい北風が吹く中、ビーチクリーン
アップが行われるという事で船浦湾へ。

いつも海中道路という道路からこの湾を
眺めていると、遠目からでもたくさんのゴミが漂着
しているのが分かる。

今の時期は北風が吹くと西表島の北側の海岸は
多くの漁業に使うゴミや発泡スチロール、網、
ペットボトルなどが多く漂着する。

自分達が毎日、海の様子を撮っている中野海岸も
今の時期はゴミだらけとなる。

実はゴミを拾っても北風が吹き、北寄りの海が荒れれば
数日後には、また同じようなゴミが多い海岸に。

悲しいが、全て人間が出したゴミ。

もちろん日本だけでなく海外のゴミの割合の方が多い。
何故、海外のゴミが多い事が分かるかと言うと、
流れ着くペットボトルのラベルの文字、バーコードの頭
3文字での数字で国が特定できるからだそうだ。

拾っても、また同じように流れ着くなら、やっても仕方がないと
思われる方もいると思うが、この様にどこの国のゴミが
多いかを細かく分析する事で、国同士の議会で
話し合いの対象にできるというのを以前に聞いた記憶がある。

いつかゴミが流れつかない日が来るのだろうか。

以前、なにかのテレビ番組で、デンマーク人の方が話していた。

「地球は次の世代を育てるもの。子供たちを育てるために
先祖から受け継いだもの」

なるほどォ~っと考えさせられたと同時に、その様な心で
行動する人、生活をする人が全世界に増えるとさまざまな
問題が解決に向かっていくんだろうなぁ。

ちいさな事かもしれないけれど、この様な活動が未来に
繋がっていると感じたビーチクリーンであった。

Decchi ms

0 件のコメント:

コメントを投稿