LB Kayak Station  HOME→http://lbks.jp/

2011年11月12日土曜日

沖の神(ウガン)島

■Decchi Knです。

海の利用、保護、管理のあり方を考える
ワークショップ in 竹富町へ参加してきた。


四方を海に囲まれた八重山諸島。
海域の広さはなんと日本海域の
20%を占めるそうだ。

豊かな海を持続的に利用する為の海洋基本法、
それに基づく竹富町海洋基本計画。

諸外国との国境を持つ八重山の海。
とまで行くと話しが大きくなってしまうので、
沿岸部の利用方法についてのワークショップ。

個人的な率直な意見として、
特定の事業、業者、研究者だけではなく、
島の沿岸を利用する全ての声を聞いて欲しい。

そして舞台は、「プレミアムドリーム」
ドリーム観光フェリーの豪華な船に初搭乗。

参加者を乗せて、沖の神島へ。荒波を越えてゆく。
西表島の南海岸、人の住めない圧倒的な自然があり、
沖に見えるのが野鳥の楽園、沖の神島(ウガン島)。


早速迎えるのはカツオドリ。
この島に人が上陸していた頃(1980年代)は、
100羽まで数が減ってしまったそうだが、
現在は約700~800羽まで回復したそうだ。

そして、夏鳥のエリグロアジサシもこの島で
営巣して子供を産み、南へ還る。

遠目から見るだけでも自然の強さと脆さ、
どちらも感じることが出来き、同じ西表島でも
人間社会と自然世界、全く雰囲気が違う。


沖の神(ウガン)島の自然景観美は素晴らしいが、
波のうねり、海の深い青さ。雷雨ということもあり、
人が踏み入れてはいけないような「こわさ」を感じた。

■Decchi Kn

0 件のコメント:

コメントを投稿