LB Kayak Station  HOME→http://lbks.jp/

2011年10月31日月曜日

県道215号

こんばんは。
Decchi Snです。

今日の西表島は、雲の多い1日となりました。
こういう日の風は、少し冷たく感じます。

車を走らせる時はいつも窓を全開にしていま
したが、最近は少し閉めるようにしています。

そんな窓から見る西表も、楽しみがいっぱいです。















まずは、さとうきび畑。
自分達の住む町とはかなり離れた大原地区で
盛んに栽培されている。

いつかは直接かじってみたいと思っているのですが、
なかなか機会がなく、今に至ります。

背丈は自分より大きいくらいだろうか。
少し見下されてしまう感じに・・・。

又、走っていると所々に展望台があり、海と山の両方の景色
を楽しむ事もできる。















我慢できず道の真ん中まで飛び出す事も。
交通量は少ないといえど、十分に注意しましょう。















様々な景色や生き物が本当に楽しませてくれます。

又、天候によっても景色は変わっていきます。
その瞬間が、2度とないものとして視界に飛び込んで
くるのです。

自分もまだこの県道を完全制覇できていませんので、
まだ見ぬ新しい風景を求めて、今後も少しキョロキョロ
しながら運転をしようと思います。
(もちろん安全運転で!)

 Decchi Sn

2011年10月30日日曜日

秋の日の出

こんばんは。
Decchi msです。

今日の西表島は北寄りの風が
やや強く吹く1日でした。雲は多かった
ですが、時より晴れ間も覗き気温も27℃
近くまで上がっています。

この時期の陽射しは、まだまだ焼ける。
カヤックに乗っていると「暑い」と感じ、
沢を泳いだ後は、ちょうど良い陽射しの
「暖かさ」を感じる。

真夏の陽射しとは、体感がだいぶ
変わってきている。

今朝の7時頃の日の出&朝焼け。

真夏は、ツアー準備に行く前の朝6時によく
見れていた朝陽も、今では朝7時前頃に太陽が昇る。
陽射しの強さも夏とは異なり柔らかい陽射しだ。

夏には明るかった朝の6時頃でも、今では外は暗い。

陽は短くなり、冬に向かっているんだなぁ、と感じる。

それでも、沢を泳いだ今日のツアー。
明後日から11月。
もちろん、真夏に比べれば水温は、低い。
それでも真水に入って遊んでいられるのは、
今の時期、日本の中でも数えるくらいだと思う。

今年の西表島の沢は、いつまで泳げるかなぁ。

Decchi ms

2011年10月29日土曜日

終わらない夏

こんばんは。
Decchi Snです。

本日の西表島は、午後から晴れてきました。
風もやや強く吹きますが、陽射しがあると
丁度良い気候に感じます。

もう10月も終わりを告げようとしていますが、
陽射しを直接浴びれば、夏と変わらない温度に感じます。














なので自分は、半袖短パンで毎日を過ごしています。
日中も寝る時も。
今日は内勤でしたので、こんな感じ。


















ところが、先輩から思いもよらぬ一言が。
「お前、寒くないの?」

「全然大丈夫ですよ。」と冷静に返事をしながらも
内心はかなり驚きました。
今の西表島にまだまだ夏を感じていて、
何ならタンクトップでもいけそうな勢いの自分。

反対に先輩は、長袖のパーカーを着ていました。
西表に長い間住んでいれば、その気候に体が慣れて
いくのでしょうか。

まだ日の浅い自分とは、多少温度の感じ方に違いが
あるように思いました。

これから徐々に寒くなっていき、西表島もいずれは
冬の時期を迎えます。

寒い日は12、13℃までしか気温が上がらないそう
ですが、この西表の冬を自分はどう感じて、島で長く
生活されている人はどのように感じるのか。

比べるのが今から楽しみです。

 Decchi Sn

2011年10月28日金曜日

テナガエビ掬(すく)い

■Decchi Knです。

こんばんは。
昨日に引き続き、ブログ担当です。
よろしくお願いします。

太陽の暖かさににわかに活気立つジャングル。
生き物と人が遭遇したとき思わず観察してしまう。

不思議と生き物に好かれる人、そうでない人がいる。

ちなみにガイドはまた別の技術が必要とされる。
生き物に近づくためにどうしたらよいか、
経験と智恵、そして情報を集めたうえで、接近を試みる。

滝つぼで泳ぐテナガエビを発見。
警戒心が強く臆病な生物なのだが、
いとも簡単に手で掬う人がいる。


ほとんどの人が持ち合わせていない
素晴らしい才能だ。

きっと心が純粋で優しい...いえ、
逃げられる人にも純粋で優しい人はいる。

自然と近づくには、才能と努力が必要。
大きな自然の景色に心を開けば、
自然と歩み寄ってきてくれる。

受け入れる側のこころひとつで、
やさしくもきびしくも感じてしまう。

自然に受け入れられるような
純粋な人間になりたい。

まだまだ修行が足りないか...

■Decchi Kn

2011年10月27日木曜日

メール届きました!

■Decchi Knです。

事務所にこもって何日か...。

少し新鮮な空気を吸いに外でると、
子供達が公園で遊ぶ声が聞こえる。

日が暮れ始めると蝉の声はピタリと止み、
こおろぎが羽を鳴らす。

日が暮れ始めると、内地と同じような秋。
風にススキが揺れている。


携帯を見ると、竹富町からメールが。
公共機関からいきなりの連絡、
何か悪い事でもしたか!?と思ってしまうのは、
何故だろう。

町が防災情報など、情報発信するメールだ。
すっかり忘れていたが、忘れた頃にやってくる。
とはよく言ったものだ。


送られてくる情報は竹富町に関するもの、
どうせなら楽しい情報が嬉しい。

例えばこんな・・・


竹富町の「ピカリャー」現在20位です。
皆さまの力が必要です!応援を宜しくお願いします!





2011年10月26日水曜日

走る準備

こんばんは。
decchi msです。

今日の西表島は、曇り時々晴れ。
北寄りの風をやや強く感じる1日。


朝、晩は少し冬の西表島を思い出させる
気候となってきている。

走るにはちょうど良い気候となってきた。


世の中は、マラソンブーム。
たくさんのお洒落なランニングシューズが
溢れている。

西表島でもランニングをしている方を
時より見かける。
ここ沖縄でもマラソン大会がある。

とても大きな大会が12月に行われる
那覇マラソン。
もちろん今年もLBスタッフは、フルマラソンで
申し込み済み。

さぁ、あと一カ月ちょっと、大丈夫だろうか・・・
また、2月11日に西表島で行われる「やまねこマラソン大会」。
ご存知の方もいると思うが、10月3日から予約
受け付けがはじまっている。

12月16日までの予約受付だそうだ。
毎年LBスタッフ全員で、23kmの部に参加。
今年ももちろん参加予定。

日々、ツアーで自然の中を歩いているから体良くは大丈夫・・・
と思われがちだが、やはりしっかりとトレーニングを
するのとしないとでは、だいぶ走る感覚が異なる。
 少しづつでも日々の動きを意識しながら、マラソンに繋
げていかなければ。

腹筋もやらないとなぁ~

Decchi ms


※LBカヤックでは、このやまねこマラソン大会と西表島の
自然を目一杯に楽しんでもらおうとデイキャンプツアーを
企画中です。
→ http://lbks.jp/daycamp/tour/yamaneko/yamaneko.html

※マラソン情報を調べていたら、来年はこんな所でもマラソン大会が
行われるそうです。こんな所を走るのも気持ち良さそうですねぇ
→ http://www.chiba-aqua-run.com/2012/

2011年10月25日火曜日

独占ピナイサーラ

こんばんは。
Decchi Snです。

今日の西表島は朝まで雨、その後晴れ間が見えたものの
それもほんの少しだけ。
再び雲が空を覆い、強い北寄りの風が吹く。
天気も忙しくする日があるようだ。

今日はツアーでピナイサーラの滝へ。

いつもはたくさんの人で溢れているこの名所が、
お客様と二人貸し切り状態。














滝の流れる音、風、水しぶき、景色など身体全体で滝を
いっぱい感じる事ができた。














滝つぼはやや寒かったが・・・。
二人で気合いで泳ぎました。

滝の上からの景色は何度見ても
気持ち良い。














このポイントも人がおらず、ピナイサーラの滝を
独占する贅沢な1日となった。

自分としては、やはり人がいない方が自然をいっぱいに
感じる事ができると思う。

逆に言えば、そこには自然しか感じることができない。
今日のピナイサーラにはその環境が整っていた。

これから少しずつ気温も下がっていき、人の出入りも
少なくなってくる西表島。
でも、そんな時季だからこそ感じられるものもある。

ゆっくり、のんびりと自然を堪能したい方。
これからの西表島、オススメです。

Decchi Sn

2011年10月24日月曜日

写真を撮るという事

こんばんは。
Decchi Snです。

今日の西表は、朝から青空が広がりました。














ここ数日は天気にも恵まれ、
フィールドにも陽射しが戻ってきている。

そういった西表の自然を伝える為の大事な
手段の一つとして、写真がある。

ただ、この「写真」とは、実に奥が深く
難しいものだと感じている。

当たり前の事だが、写真には風景な物などの
瞬間の映像が写し出され、そこに文字はない。

その一瞬を通して、伝えたい事やおもしろいと感じた事を
文章なしで伝えなくてはならない。

これがなかなかできない。
一つの被写体でも、見る角度、距離を変える事で
見え方がずいぶんと変わる。

それが分かっていても、表現ができなければ
写真に思いを乗せる事はできない。

でもそれができれば、写真を撮るという事がとても
楽しくなっていくと思う。
その感性を磨いていくため、日々シャッターを押していきます。

ちなみにこれは今日の一枚。














この花は毎日海を眺められて、羨ましいなぁと
思いつつも、退屈してないかな・・・なんて思いながら撮りました。

一枚の写真を通して、少しでも見て頂いた方に
何かを伝えられるよう、頑張っていきます。

何事も日々勉強ですね。

Decchi Sn

2011年10月23日日曜日

砂浜の足跡

こんばんは。
Decchi msです。

今日の西表島は、午前中は雲の多い天候でしたが、
午後からは、青空が見え陽射しを感じられる気候。

先日、船浮湾コースで行った木炭の浜で、
久しぶりに夢中になってしまったこと。

それは、砂浜についた足跡探し。

しかし人の足跡ではない。

木炭浜は人が住んでいる集落がある訳ではないので、
人の足跡はまったくない。

綺麗な砂浜が広がっている。

何の足跡かというと、様々な生き物たちの足跡。

ヤドカリの足跡や、サギや鳥たちの足跡。

どのような経路で歩いていたのか、何を
していたのだろうかと、足跡を辿りながら考えると
面白い。

そんな中、動物の足跡。
少し時間が経っているのか、はっきり見にくいが
リュウキュウイノシシか、イリオモテヤマネコの足跡だろう。

イノシシであれば、地面を蹴ったような少し
深い足跡がつくと思うので、たぶんイリオ
モテヤマネコだと思うのだが・・・

雨水を受けてちょっとハッキリと形が分かり
づらいので断言するのはやめておこう。

景色ももちろん楽しめる。
ゆっくりとした時間の中で、砂浜を散策
してみると意外と夢中になってしまう。

この冬は、貝殻探しと足跡探しに夢中に
なりそうだ。


Decchi ms

2011年10月22日土曜日

秋そぞろ・・・

■Decchi Knです。

ようやく人の出入りも落ち着き始めた西表島。
何かと事務所勤めが多い今日この頃。

季節は短い秋を迎えて、夏の日差しと冬の北風。

ジャングルに射し込む日差しはなかなか強烈。
風のない場所では汗ばむほど。


久しぶりに訪れたジャングルの渓流は、
もの静かにゆっくりと本来の自然を再生している。


渡り鳥は、近づいても逃げる様子もなく、
何知らぬ顔で餌をついばんでいる。

ここでは自分も邪魔する事もなく、
自然の中の一部なんだと思ってしまう。

この季節、夜になって大気が冷えると
雨や露となり、朝はひんやりとした空気となる。

Tシャツ1枚にサンダルでは、
さすがに肌寒くなってきた。

そろそろ衣替えの準備を。

■Decchi Kn

2011年10月21日金曜日

青空カヤック

こんばんは。
Decchi msです。

今日の西表島は、朝から青空が
広がり強い陽射しが射し込む1日。

時より雲が多くなる事もあったが、
ひさしぶりに、ジリジリと肌が焼ける
のを感じた。

10月に入ってから青空があまり見えなかった。
ここ2日間は青空が見え、陽射しが射し込んでいる。

久しぶりの青空を見ながらのカヤック。

曇り空や雨が多かっただけに、ここまで強い陽射しは
カヤックを漕いでいて、いつも以上に気持ち良く感じる。

強い日差しが、北寄りの心地よい風でちょうど良い。

マングローブ林の中から見る青空も久しぶりだ。

いつもこんな天気が続けばいいのだが、天気も生き
物の様に日々変化していく。
また、自然や生き物には必ず曇りや、雨も必要だろう。

雨が無ければ、西表島の青々とした濃いジャングルは
ないし、生き物も少ないはず。

曇りや雨の日が多いが、今は西表島の自然が潤う時。
自然や生き物にとって大切な雨となる。

1日の終わりに夕焼け空。

1日中、陽射しを感じたのは何日ぶりだろうか。
やはり、まだまだ南の島の陽射しは強い。

Decchi ms

2011年10月20日木曜日

出会いの場

こんばんは。
Decchi Snです。

昨日に続き、今日も晴れ間が見える西表島。
ちょうど良い暖かさで、過ごしやすい陽気。
久々の陽射しを、とても心地よく感じる一日となりました。














ジャングルも光を浴び、明るさを取り戻した。
自分の願いを、忘れられてはいなかったようです。

本日のツアーには、自分と同姓のお客様が1名。
こちらに来て一ヶ月と少しですが、すでに3名の
同姓のお客様が西表へきて下さった。

苗字が同じというだけで、どこか親近感が湧く。
人は、別の誰か自分との間に何か共通点があると、
信頼感や安心感が多少うまれるそうだ。

今まで自分が出会った同姓の人間は、小学校での
一人だけ。
決して珍しい苗字という訳ではないが、
その事を考えれば、かなりの確立で出会っている。

この仕事を始めたことによって、
それだけ毎日、いろんな人と出会っているという事。
それは、今の自分にとってありがたい事だと思う。

お客様といろんな話をすることで、自分の考え方や
物事捉え方も、広くなってくると思う。

自分はまだまだ視野の狭い人間。

お客様に限らず、そういう人の出会いを大事できる
人間に、まずはなりたいと思う。

自分はやや人見知りする方。
いつまでもそんな事はいってられないので、
今の自分を変えていこう。と思います。

Decchi Sn

2011年10月19日水曜日

草刈り日和

■Decchi Knです。

青空にちぎれ雲が足早に流れる、
冷たい北風が吹くが天気は悪くない。

こんな日は、草刈り日和だ。

かねてからキレイにしたいと思っていた場所がある。

北風が吹いて海が荒れた時にツアーで利用する
海中道路の駐車場。


多くの人が利用するにも関わらず、草は伸び放題。
せっかくのピナイサーラを望む景色もギンネムに
邪魔されて台無しだったりする。

何より荒れた草むらではハブが怖い。

草を刈ること2時間...
ようやくさっぱりした。


どうしようかと、もやもや悩んでいるよりは、
キレイにすれば頭も気持ちもすっきり。

だいぶ身体には堪えたが。。

疲れたときにはバナナで体力回復を試みる。

沖縄の3大フルーツ、完熟のパイン、マンゴー
そして島バナナ。

酸味と強い甘みでとてもおいしい島バナナ。
疲れたときにはバナナがいちばんだと信じている。


青いバナナが熟れるまで、
果たして我慢できるだろうか...

■Decchi Kn

2011年10月18日火曜日

気がつけば一ヶ月

こんばんは。
Decchi Snです。

今日の西表は、北風が強く吹きました。
ツアーでは、行きは追い風、帰りは向かい風
となり、お客様も少し大変そう。
でも、着いた後の満足した表情にこちらも嬉しくなる。
最後までお疲れ様でした。

さて、気がつけば西表での生活を始めて一ヶ月が。
本当にあっという間だったような気がします。














この一ヶ月、自分にとっては全てが学びの場となりました。
フィールド、生活、地域行事等今までに経験した事のない
事をやったり、見たり、毎日が発見の連続。














自分の内地での生活を振り返ると、
仕事にいき、帰ってテレビを見て、寝る。
そんな感じだった。

それが、悪い訳ではないが今は大きく違う。

特に感じるのは地域の繋がり。こちらでは
挨拶をする事がとても多い。すれ違う人と
当然のように挨拶を交わす。

知っている人にしか挨拶をしてこなかった
自分にはない習慣が、ここにはある。

人と人の繋がりというのはとても重要なもの。
今後、自分も地域の事に参加させて頂ける機会も
あると思います。

まだ、繋がりを持てていない段階ではありますが
今後積極的に関わっていき、たくさんの人とふれあい
学んでいければと思う。

自分もまだまだできていませんが、
皆さんも挨拶を大切にしてくださいね。

2011年10月17日月曜日

全身を使って歩く、泳ぐ、漕ぐ

こんばんは。
Decchi msです。

今日の西表島は、北風が強く吹く1日。
海上も時化、上原航路は欠航。

気温も25℃弱と肌寒さを感じる気候。
昨日は、関東地方の方が暑かったようだ。

遠くからでも分かる滝の水量の多さ。

ここ3日間は、西表島島内の滝の水量は
とても多い。
それだけ山に雨が降ったということ。

天候が曇りや雨だけに、滝つぼでは肌寒さを感じる。
それでもこの3日間のツアー参加者、みんな泳がずには
いられず水量の多い大迫力の滝を前に泳いでいる。


西表島で安全に身体を目いっぱい使って遊ぶ時は、
どこに行くにもバランスが重要だ。

沢を歩くにしても、ジャングルの岩場を歩くにしても
足だけで歩かずに、手も木や岩場を掴みながら全身で
歩く。

また、その方が歩きやすく、バランスもとれて自然を
楽しむ余裕も出てくる。

実は、西表島の自然の中で遊ぶ事はある程度の運動量もあり、
バランス感覚を養うことができ、ストレスも発散でき、自然を
感じて心も癒すことができる、
一石二鳥の最高のフィットネス環境なのではないかと思う。

Decchi ms

2011年10月16日日曜日

晴れへの願いを込めて

こんばんは。
Decchi Snです。

西表島は、今日もすっきりしないお天気。
雨が降ったり、止んだり。
おまけに風まで強くなり、今日は
かなり寒い一日となった。

さらに自分には、今日の天候以上に寒く感じる訳が。
高校生の時以来となる坊主頭。














約7年ぶりくらいだろうか。久々にバリカン片手に
刈ってみました。
なんか、高校時代の事を少し思い出しながらの
後片付け。

頭を丸めた後、確認をしに鏡に目をやると、それを見て
どこかにやけた表情の自分がそこに。
そんな自分が少し気持ち悪い。

これから寒くなってくる時期に坊主にし、
完全にタイミングを間違えたと思う。

でも、なんかすっきりした気分。

しっかり毛根まで洗えそうですし、
あとなんといっても、この手触りが癖になる。

西表の空も、自分の頭みたいに
そろそろすっきり晴れてよ。
なんて願いも込めて。














こんな感じで。

 Decchi Sn

2011年10月15日土曜日

雨の次の日

こんばんは。
Decchi msです。

今日の西表島は、時より雨が
降る天候。
曇り時々雨の1日。

昨晩から今朝にかけて雨。

夏場は、濡れたままでも大丈夫だが、
さすがにこの時期になると雨に濡れた
ままだと肌寒さを感じる季節になってきた。

皆、レインコートやカッパを来ながらのツアーと
なる。雨の日に外遊び。

何だか普通に暮らしていると雨の中というのは
嫌なイメージがあるのかなぁ・・・
やはり、ツアーが始まる前はちょっと表情が硬い。

が、カヤックに乗り、マングローブを漕ぎジャングルを
歩く。雨粒が当たるシダの葉。頭上に覆われるたくさんの
葉の上に雨粒が落ちる音が響く。
それ以外の音はない。

いきなりインディジョーンズの音楽を口ずさむツアー参加者。
いつの間にか西表島の雨の中のジャングルが
想像していたジャングルと一致したのか、
自然と気持ちが高ぶっているのが伺える。

遠くから聞こえていた滝の音。

いつもの何倍の水量だろうか。

皆、間近で見る滝に圧倒される。
大声を出さないと、声がかき消されるくらいの
滝の水が岩に落ちる割れるような音。

大量の水が落ちることで生まれる滝しぶきと風圧。

雨が降り、肌寒さを感じていたのを忘れ、
滝つぼで泳ぎだすツアー参加者。

その瞬間、遊んでいる時間、完全にスタート時とは
異なり晴れた表情に。

自然が持つ圧倒的なパワーを感じると、
人は目を丸くして驚きと同時に笑みがこぼれる。
こんな日は、お昼の暖かい八重山ソバが
身体の芯から暖まり、格別に美味しく感じる。

Decchi ms

2011年10月14日金曜日

うろこ雲

■Decchi Knです。


昨日(10/13)何気にとった写真、
空一面のうろこ雲。

この雲の出現は熱帯低気圧が近づいている証拠。

映りこむツバメは低空飛行。
おそらく地表近くを飛ぶ昆虫を捕まえるため。

大気中の湿度が上昇しているので、
昆虫は地表近くに集まる。

つまり、天候悪化の前兆。

そして本日(10/14)は降ったり止んだりの雨。
長く続く秋の雨となった。

誰もが知っている事かもしれないが
実際目の当たりにすると、凄い!
と感心してしまう。

自然が発信する情報を受け入れて、天気を読む。
ガイドがいちばん勉強しなくてはならないこと。

秋の移ろいやすい空模様。
毎日の答え合わせが楽しみな季節でもある。

■Decchi Kn

2011年10月13日木曜日

大人が子供の様に

こんばんは。
Decchi msです。

今日の西表島は、久しぶりに陽射し
が射し込み蒸し暑く感じる気候となった。

こんな日は、ジャングルを歩いた後の
滝浴びや水遊びが気持ちよい。

西表島の自然は、大人を子供にしてしまう。

ツアー中、自然を体感している人達には
自然と笑顔がこぼれ、一緒にいる人達と
楽しそうに時間を共有している。

皆、立派な大人なのだが、時々、少年?少女?
になってしまったように無邪気に遊んでいたり、
生き物を一生懸命に集中して探したり・・・



今日の参加者は、高校生達。
目の前の大きな滝よりエビを捕まえるのに必死に
なってしまった。いや、それで良いのだと思う。
もちろんキャッチ&リリース。

「オレら、シティーボーイだからな。」と歩き慣れない
舗装されていないジャングルの道を楽しみ、エビを
みんなで追い込む。

なんだか、一生懸命にみんなでエビを追い込む姿が、
余計そんな風に思えてしまう。

大人が子供に戻れる島、西表島。
あ、このキャッチフレーズ良いかも。

Decchi ms

2011年10月12日水曜日

西表島の節祭

こんばんは。
Decchi Snです。

今日の西表は昼頃に雨が降ったが、
それも少しだけ。
雲が広がりながらも、穏やかな陽気。

今日、自分は西表島の節祭(しち)の見学に行かせてもらった。
節祭とは、西表島の祖納・干立地区に伝わる伝統行事である。














今年の豊作感謝、来年の豊作祈願を目的として行われ、
500年以上もの歴史がある。
天候によって、延期された事もあったようだが、
やらなかった年は一度もないとの事。














国の重要無形民族文化財にも指定されている
この行事には、たくさんの観光客が訪れ、
中には外国人の姿も。

お昼ご飯には、おり(「折」?「折り」?どちらか)
と呼ばれる郷土料理が振舞われる。














地元の食材で作られ、自分にとっては
こっちに来て初めての郷土料理。
正直、2,3分で食べてしまった。うまいの一言。

このような伝統行事を生で見たのは、今までの
人生の中でも、今日がおそらく初めて。

参加されている人々の眼差しに、その伝統の重さ
と同時に、伝統を守っていきたいという思いが
ひしひしと伝わってくる。

伝統、又それを伝えていくことがどれ程大切なものか
という事を強く感じた。
伝統は、守ってこその伝統だと思う。

祖納、干立の皆様。
お疲れ様でした。

Decchi Sn

2011年10月11日火曜日

西表島ロード

こんばんは。
Decchi Snです。

今日の西表島。曇りのお天気ですが、雨もなく、
風もなく、とても静かな時間が流れていく。

いつも事務所から車で出て行くが、今日は内勤で
近所の宅配業者さんへ。その間のほんの数十メートルを
歩くのに、やけに時間がかかってしまう。

西表島は、どの道を歩いていても何かがある。
何もない道なんてないくらいに。

色鮮やかな花に、ついつい足が止まる。














本当の自然の中で暮らす生き物達の、
ありのままの姿を目にすることができる。














今まで自分が住んでいた所には、
こんな景色を見られる場所はなかった。

というより、何もないと自分で思い込み、
ただぼんやりと前を見ながら歩いていた。

こちらではそうもいかない。あらゆる道に、
新しい発見があり、
その事を自分に気付かせてもくれた。

それは皆さんの街の中にも
きっとある。

毎日同じ道を歩いていても、明日は少し
キョロキョロしながら歩いてみてはどうか。
(怪しまれない程度に・・・)

何か面白いものを見付けることができるかも。

Decchi Sn

2011年10月10日月曜日

沖縄本島へ行ってきました!

こんばんは、Decchi Knです。

連休の最中、沖縄本島へ研修へ行ってきた。

自然体験活動と推奨する
CONE(コーン)と言う団体の全国フォーラム。

開催地は沖縄本島の真ん中に位置する名護。


ちょっと雰囲気が生まれ故郷に似ていて、
高台か眺める景色がとても良かった。

西表島から石垣島まで高速フェリーで45分。

石垣島から那覇まで飛行機で1時間弱。

那覇から名護まで高速バスで1時間45分。

そして研修で講演を聴くために北部やんばるへ。

名護から安田(アダ)地区まで車で往復3時間。


ヤンバルクイナは見えず...(写真は剥製)

でも、実際の現場を目で見て話を聞いた後での
ワークショップはとても有意義で楽しめた。

180人が全国から集まったフォーラムで、
分科会の報告を発表する事に。


100人を越すような人が集まり、
ましてや大先輩方を目の前に緊張しない訳がない。

結果、何を話しているのか分からなくなり...
まぁ...その...精一杯頑張った!

昼前に名護を出て、夕方に西表島に到着。
船から島が見える瞬間の
都会からもどってきたという安堵感がたまらない。

普段使わない頭を使い、たくさんの人との出会いに
刺激を受けた。

CONE(コーン)は人とのつながり、
アウトドアや自然学校のネットワークを重視した団体で
別名CONE(コネ)として発足したらしい。

アウトドアの世界は洒落も達者でなければ...
勉強します!

■Decchi Kn

2011年10月9日日曜日

異国のゴミ。

こんばんは。
Decchi Snです。

今日の西表島は、雨が降り続いた。
気温もあまり上がらなかったが、
いっぱい水遊びして帰りは、くしゃみの連続。
皆さん、体調管理には十分気をつけましょう。

西表島には、当然のように綺麗な海が
広がっています。
















しかし、砂浜には見慣れないペットボトルが。
















遠く離れた対岸から、西表に流れついた異国のゴミ。
数も一つ、二つではない。
この光景を見ると、やはり少し寂しい気持ちになる。

それは自分達の国に対しても同じ事。
きっと日本のゴミも同じように、海を渡り
異国の地に辿り着いているのだろう。

改めて、ゴミについて考えさせられる。
適当に捨てたものが、別の国の環境
にも影響を与えていく。

ぜひ、皆さんにも知っていて欲しいと思う。

 Decchi Sn