LB Kayak Station  HOME→http://lbks.jp/

2010年12月15日水曜日

観察会

こんばんは。
Decchi msです。

今日の西表島は、北風が吹き、
肌寒い1日となった。
一昨日の気温が27℃だったのが
うそのような天気。

今日は全国的にとても寒い1日
だったみたいですねぇ。

昨晩の流星群。
何度か外に出て空を見たが、
西表島の西部では見ることができず残念。
外はいつもどおり暗闇。
しかし空は雲で覆われ、星すら見えずの状態。

今日も、まだ見ることが出来るとの事だったが、
変わらずの天気。

残念・・。

そこで、リベンジを考え、調べたところ近いところで
2011年の1月3日の夜から1月4日の未明に
かけて東北の方角に『しぶんぎ座流星群』というのが、
見頃だそうだ。
しかも新月にあたり、天候が良ければ、流星群が
見えやすい条件。

天気が良くなることを祈りたい。
その前に忘れないようにメモをしとこう。


ここ1週間、やまねこクラブのサポートでLBからknさんと
自分で日替わりで、イリオモテボタルの観察会に行っていた。

観察時間は30分程なのだが、小学生から中学生まで各グループに
分かれて観察をして、最後に発表をする。
途中、顕微鏡などを使ってホタルを観察するのだが、顕微鏡で
ホタルを見ている子供に先生が「どんなに見える?」と聞くと、
その子供が「口が、ぶひゃ~!てなってる」
とか、「お尻が、ウ〇チみたいになって曲がってる」とか、
子供達は見て思ったことを、ストレートに言う。

最初は、大人もなにそれ~っと笑うのだが、顕微鏡を覗くと
子供達の例えが面白いほど、すごくわかるのだ。

そして顕微鏡を覗きながら、さまざまな事を発見をしている子供達は
本当に興味津々。

最後に各グループの代表がしっかりと考察を入れて、自分で感じたこと、
思ったことを発表をする。
高学年になればれるほど、上手に発表している。
こうやって成長してくのだなぁ~と感じると共に、この様な環境が
あることが本当に羨ましいといつも思う。

この観察会は、観察だけでなく、島の子供達との交流も
自分にとっても、とても貴重な時間だった。

今日、knさんが観察に行き、やまねこクラブのイリオモテボタル観察会は
最終日だったが、LBではこれからもホタルの観察は続きます。

今日のホタル観察記→http://lbks.jp/hotaru/1012/101215.html

Decchi ms

0 件のコメント:

コメントを投稿